読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキストサイトだったころの私

お友達の書いていたブログを読んでふと思い出した。

coolでtokyo取れると嬉しいとか、右クリック禁止してみたりだとか

背景色と同じ色のリンクを隠して入り口探させたりとか。

 

……まぁ、この辺りでどういうサイトをやっていたか、察しのつく方も大勢いらっしゃるでしょうね。

 

javascriptでパスワード要求してみたりだとか、ウェブリングとか。

懐かしいし、あの頃作っていたサイトのソースは今でも残してある。

無料の素材サイトも殆ど無くて、自分でスキャナを使ってレースの背景なんて作ってたな。

それからたくさんの言葉を覚えた。

静謐とか、劣情、紫煙、言えないような言葉もたくさん覚えた。

 

そして個人の手打ちHTMLサイトが終焉に向かう頃運営していた、

FAKE?のファンサイトはヤフーで検索するとオフィシャルより先、一番上に表示されるのが嬉しかったな。(単にサイト名の最初に0という数字が入っていたから…)

その頃もよく自分でサイトの素材を作っていた。

 

今はもうあの時みたいなアングラな感じのインターネットではなくなって、

南条あやもいなくなって、

それでも昔みたいに顔写真や日記の内容から住所特定なんていう怖さも残っていて。

なのにその怖さを知らないで使っている世代もいて。

 

 Googleが日本でサービスを開始して、Amebaが台頭してlivedoorがなくなって。

 

いつの間にかSNSというものにインターネットは侵略されて

情報が氾濫しだした。そして反乱している。

 

いつかこのインターネットの成熟期が終わって他の手段に移る頃、

私は生きているだろうか。

パソコン通信がインターネットになってダイアルアップがISDNも使えるようになって、

ピーヒョロロ〜を聞かなくなって、光回線になって、今はWi-Fiが飛び交ってる。

 

この速さで進むシステムを看取ってきた。

水無月絲乃芙という名前も使わなくなって、ハンドルネームというものがほとんど意味を成さなくなった今。

 

あの頃あの場所で騒いでいた仲間だった人たちを思う。

今もインターネットの片隅で墓標のように来訪者を待つサイト。

 

私もいつか思い出して貰える人となれるのだろうか。